業務内容と適した人材

アプリケーションの作成を担うエンジニアは広い分野で必要とされており、特にWebを用いるビジネス展開が行われるようになってきてからはWebアプリケーション開発における需要が著しく高騰しています。その開発の際にアーキテクトを考案し、開発のためのコーディングを指示する役回りとして重要な立場を担うのがアプリケーションエンジニアです。Webアプリケーション開発の現場においてはJava、PHP、Ruby等を用いた開発経験が要求されることが多く、その他にもリーダーとして仕事に携わった経験があることが求人募集で歓迎される傾向にあります。その開発現場においては要件のヒアリングへの同席に始まり、ミーティングを行いながらアプリケーションの基本仕様の設計を行うのが基本的な仕事となり、その決定を受けてプログラマに適切な指示を出して開発を進めることになります。そして、そのテストの計画と実施が最終的に行う業務です。アプリケーションエンジニアは現場におけるリーダーとしての能力が必要とされることから、開発業務に一通り携わったことがあることが重要な要素となり、それに加えて特にシステムエンジニアとしてのシステム設計のスキルの高さが必要です。システムエンジニアとの違いはプロジェクト全体に関与する点であり、包括的な視点でプロジェクトに参画したいと考える人に適性があるのがアプリケーションエンジニアなのです。技術のみならず、リーダーシップやマネジメント能力も要求されることとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です